給料日にATMに並ぶな!|お金持ちがATMに並ばない5つの理由とは?

お金の勉強
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ご挨拶

どうも、かず~むです。

3人の子供の親をしながら平凡なサラリーマンとして今日も社会の荒波にのまれています。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

ATMに並ばない方がいい理由が分かる!

先日、通勤で使う最寄り駅のATMの場所が変わりました。変わった場所では行列ができていました。

最近では至る所に、たくさんATMがいっぱいあります。コンビニの中などにもありますよね.。

給料日になるとATMの前には行列ができていて、長蛇の列にイライラしている人や後ろの人のことを考えずに何件も処理している人をみかけます。

そうした人間模様を見ていてふと気が付いたのですが、ATMに並んでいる人の中にお金持ち風の人はあまりいないように見えます。

今回は、なぜATMに並んでいる人の中にお金持ち風の人はあまりいないのか、ATMに並ばない方がいい5つの理由をご紹介します。

ATMに並ばない方がいい理由1 時間がもったいない

ATMで入出金したり振込をしたりするためには、当然ですが時間がかかります。ATMまで行く時間、行列に並ぶ時間そして操作する時間などです。時間がもったいないというのが理由の1つ目です。

1回あたりに並ぶのにかかる時間なんて数分とか数十分かもしれません。(→我が家では最大で30分並んだこともありますw)

でも、年間の利用回数を考えるとどうでしょう?

お金持ちになっている人とお金が増えない人の大きな違いの1つとして「時間の使い方が違う」というのがあるそうです。

前に操作に不慣れな人やいくつも処理している人がいた場合に、その待つ時間を、例えば、家計をチェックする時間に使ったり、自分の資産状況や投資計画を練る見直す時間に費やせば、お金持ちに近づくような気がします。

生産性の低い時間を見直して時間単価をしっかり上げることが大切ですね。こういうことからATMには並ばない方がいいということになります。

ATMに並ばない方がいい理由2 トラブルの原因になりやすい

ATMに並んでいる人は、時間がかかっていることにイライラしたり、期限に迫られて早く振り込みや入出金したいと思っている人が気が立っている人も多くささいなことでトラブルになりやすい環境です。

暗証番号を見られるATMを操作するところを、横から覗かれたり操作画面周辺にカメラや鏡を仕掛けられるといった被害はなくならず、各銀行も注意を呼びかけ続けています。

ATMに前の人が取り忘れたキャッシュカードが残っていたのを発見したことがあったり、後ろの方で「まだか!」と怒鳴っているおじさんを何度か見たこともあります。

機械の故障もあります。先日、大手の銀行でも大規模障害が発生しましたが、お金が引き出せない、キャッシュカードや通帳が吸い込まれたまま出てこないといった状況になりました。

さらには、

通帳やキャッシュカードの置き忘れもあります。

ちなみに私は、これまで3回その現場に遭遇したこともあり、金融機関の担当者にお渡ししたことがあります。

こういったようにATMはトラブルに巻き込まれやすいと思います。

ATMに並ばない方がいい理由3 キャッスレスにしないロス

給料日にATMに並ぶ人の多くは、キャッシュレス決済が基本になっていない人です。

現金決済を基本としていると。

  • 下ろすのに手間がかかる(出金の場所まで行かないといけない)
  • 持ち運びが面倒
  • 支払うときに紙幣や小銭を数えるのに手間がかかる
  • お釣りの計算で手間がかかる
  • 今もっている以上の金額は使えない
  • 紛失盗難にあったら戻ってこない
  • 手垢等で衛生的にも綺麗

などなど・・・デメリットが多いです。

例えば、年間支出が500万円の人が支出の全額キャッシュレスで、その全てに1%のポイントがつくとしたら、その人はキャッシュレス生活に移行するだけで毎年5万円分のポイントを手に入ります。

キャッシュレスは時代のメガトレンドで政府も後押しをしていて、いろんな特典もあります。

ATMに並んでいる人は、国が後押しするキャッシュレスの波に乗れていない可能性があります。

ATMに並ばない方がいい理由4 自転車操業に陥っている可能性がある。

給料日に長い列に並んでまでATMを使う必要がある人は、家計が自転車操業状態になっている可能性があります。

つまり、給料の金額=月額予算になってしまっていることです。毎月「給与日前だから苦しい」と思っている人は要注意です。

給料日に自分の口座に給料が入金されるお金を支払いに充てて1ヶ月を乗り切る。

翌月の給料日っていう給料日を軸にした生活になってしまっている可能性が高く、ちょっとした臨時支出があると家計が破綻してしまうおそれがあるかもしれません。

ATMに並ばない方がいい理由5 手数料がかかる。しかも引上げ・・・

金融機関は、通帳発行手数料やATM利用料を引き上げてきています。最後の理由は、シンプルで手数料がかかるからです。

1回の支払いは数百円でもチリも積もれば山となります。年間を通して見てみたら数千円から1万円以上の出費になっている人も珍しくありません。

銀行側にとってもATMの維持管理にはコストがかかります。

ATMのエリアの賃料であったり、警備費であったり、障害対応費であったり・・・。これらを踏まえると、1台当たり年間数百万円も維持費がかかるとも言われています。

そして、キャッシュレス等で利用者は減少傾向であることを考えるとATM利用に係る手数料の値上げは今後も続いていきそうです。

また、大手の銀行で口座残高を把握されると、口座残高が一定程度の金額を超えた時には、投資信託の営業が来るのもデメリットです。手数料の高い投資商品を売りつけてお金を稼ごうとしてくる可能性もあります。

まとめ

今までなんとなく給料日に並んでいたATMですが、よく考えるとあまり得策ではないようですね。

ATMに並ばなくて済むような家計管理が大事ですね。

おまけ

このたび、我が家では、電子書籍(kindle版)を出版しました!その書籍がこちらです!

Amazon.co.jp: 家族で遊んで学ぶ!起業とお金のしくみ! eBook : みんなの部屋: 本
Amazon.co.jp: 家族で遊んで学ぶ!起業とお金のしくみ! eBook : みんなの部屋: 本

勤労感謝の日に我が家で行った家庭内起業(ごっこ)の模様をまとめたシンプルなものになっていますので、参考にどうぞ♪

また、実は、ランキングに挑戦中です。今回の記事に共感していただけましたら、ポチっとお願いします。すっごく励みになります♪

にほんブログ村 教育ブログ 金融教育・金銭教育へ

今回は、以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント