なぜあの店は潰れないのか?|ある潰れない喫茶店の経営戦略を検証!

お金の勉強
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ごあいさつ

どうも、かず~むです。

3人の子供の親をしながら平凡なサラリーマンとして今日も社会の荒波にのまれています。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

この記事を読めば→潰れない喫茶店の経営戦略が分かる!

先日、子供たちと近所を散歩をしていたら、とある喫茶店の前を通りかかりました。その喫茶店は、近所に住む老夫婦が営んでいる昔ながらの喫茶店です。

特に有名でもなさそうで、外装も特に特徴的でもない昔ながらの喫茶店です。

近所にもいろんな店がオープンしていましたが、新型コロナウイルスの関係で、ことごとく撤退して、今は店舗入り口はシャッターの場所が目立ちますが、どういう訳かこの喫茶店だけでは、営業を続けることができています。

しかも、その店は、いつ通っても複数のお客さんが入っています。

なぜ、何の変哲もない(ような感じがする)喫茶店が、コロナ禍においても営業を続けることができているのか、子供たちと一緒に仮説を立てて検証することになりました。

今回のテーマは、ズバリ!「なぜあの喫茶店は潰れないのか?」ですw

では、我が家の仮説・検証の結果をご紹介します。

仮説1 実は、コーヒーがとびきり美味しいのでは?

まず子供たちが立てた仮説は、こうです。

きっと大手チェーン店には真似できないくらいコーヒーが美味しいに違いない!

つまり、コーヒーの味で集客しているんじゃないのか、と考えたようです。

コロナでも客足が途絶えないくらいの「ぶっちぎり」の味があれば、たしかに潰れなくて済むかもしれません。そうか、きっと味には定評があるのかもしれません。

しかし、よく考えてみると、近所では、その店のコーヒーの「味」の噂を耳にしたことはありません。

もちろん、喫茶店ですからおいしいのだとは思うのですが、ネットで調べてみても、その店舗の味についての情報はありませんでした。

それに、近所に新しいカフェができたときには、「コーヒーの豆がいい」などと話題になっていましたが、そのときにも、喫茶店のコーヒーの味は話題には上りませんでした。

そして、店外から店内の様子をうかがうと、コーヒーが空になっているのに長時間話をしている人もたくさんいるようです。

喫茶店が潰れない理由は、どうやら「コーヒーがとびきり美味しいから」ではないのかもしれないという結論になりました。(→美味しくないとは言っていませんw)

仮説2 実は、値段がとびきり安いのでは?

味でないのなら値段に違いない。

子供たちは第2の仮説として、きっと格安なので、お客さんがいっぱい入っているんじゃないかと考えたようです。

しかし早速、店頭にあるメニューを見てみると、コーヒー1杯は500円!

「少し高っ!」

安いどころか、チェーン店に比べると割高感すらあります。どうやら格安だからお客さんが集まっているということでもないようです。

仮説3 実は、広告をいっぱい出しているのでは?

味も値段も普通なのであれば、きっと宣伝がうまいのかもしれない。

ということで、折込チラシを探しましたが、特に広告を打っているわけでもないし、お店のホームページすらありません。

ネット上で「隠れ家」的に扱われているかもしれないとお店の名前を検索しましたが、特にヒットもしませんでした。

お店の外装は、気づかないで通り過ぎてしまうくらいシンプルで目立つようなものではありません。

店の入口にメニューが立てかけられているだけでそれ以外の看板や広告などは出ていないようです。看板メニュー的なものもありません。

理由なんなんだ?・・・そこに現れた1人の近所のおばあちゃん

親子で喫茶店の前であれやこれや話していると、いつも子供たちに話しかけてくれる近所のおばあさんが通りかかりました。

子供が近所のおばあさんに今回の調査?の話をすると、おばあさんは、笑いながらこう言いました。

「この店は、特にコーヒーも普通だし、値段も普通。お客さんは、別にコーヒーを飲みたくて来ているというわけではなく、マスターや奥さんとの会話を楽しみにきているんだよ。」

「マスターは、昔からここで喫茶店をやっていて、みんなその時からの知り合いだし、お客さんの中には、もう亡くなった人もいるけど、その息子さんや娘さんがその家を継いで、またこの喫茶店に来て、昔話をしている。」

「それに昔からこの地域にあるから安心してゆっくりできるし・・・」

子供たちは、おばあさんを遮るように

「おばあちゃん!それが答えだ!!」

潰れない喫茶店の経営戦略はこれだ!(たぶん・・・)

今回の件で我が家で共有した内容は以下のとおりです。

その1 不特定多数より「ご近所さん」を攻略している

どうしても集客をしようとすると、広告をバンバン出して、より遠くにより広く知ってもらおうということが真っ先に思い浮かびますが、実は、自分の半径1KMくらいのご近所さんを攻略する方が大切な場合があるということです。

この喫茶店は、まずご近所さんをターゲットにしていました。

たしかに近所の喫茶店の場合だと、到底来店してもらえないような地域の人に広告しても意味はありません。それよりも来店しやすい近所の方で5人から10人定番(毎日来てくれる)のお客さんがいれば十分です。

そのためには、今では薄れてきているとされている近所の付き合いやある程度の価値観が共通しているコミュニティの存在ってとても大切だなということを学びました。

その2 お金で買えない歴史(文化)で勝負している

そして、もう1つは、歴史はお金では買えないということです。その地域に根付いた文化や歴史というのは、お金では決して買えないということです。

この喫茶店は、喫茶店と近所の方たちとの絆や関係性といったものでしょうか、はたまた近所の景色の中に喫茶店が溶け込んでいるという風景でしょうか。こういったものを味方につけていたようです。

こういったものは決して大企業がいくらお金を出しても真似できるものではないような気がします。喫茶店のこれまでの歴史は、一朝一夕で何十億支払っても新しく作ることはできません。

こうした文化や歴史にあやかることも大切なんですね。

まとめ

こういった理由で喫茶店はコロナ禍でも安定して集客ができ、潰れないどころか、繁盛しているようです。

と、すっきりしたところで、実際、子供たちと喫茶店に入りました。

そして、もう1つ大事なことに気が付きました。

それは喫茶店を経営しているマスターや奥さんの人柄です。

入店したのは初めてでしたが、マスターが子供たちにいろいろ話しかけてくれて、すっかり我が家も「潰れない喫茶店」取り込まれましたとさw(→コーヒーは普通に美味しかったw)

めでたしめでだしw

おまけ

このたび、我が家では、電子書籍(kindle版)を出版しました!その書籍がこちらです!

Amazon.co.jp: 家族で遊んで学ぶ!起業とお金のしくみ! eBook : みんなの部屋: 本
Amazon.co.jp: 家族で遊んで学ぶ!起業とお金のしくみ! eBook : みんなの部屋: 本

勤労感謝の日に我が家で行った家庭内起業(ごっこ)の模様をまとめたシンプルなものになっていますので、参考にどうぞ♪

また、実は、ランキングに挑戦中です。今回の記事に共感していただけましたら、ポチっとお願いします。すっごく励みになります♪

にほんブログ村 教育ブログ 金融教育・金銭教育へ
にほんブログ村

今回は、以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント