【迷言集④】我が家のおもしろエピソード(その4)

その他
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ご挨拶

どうも、かず~むです。

我が家には、長男(中1)、次男(小1)、長女(年中)の3人の子供がいます。日常のちょっとしたおもしろエピソードをまとめましたので、お時間のあるときに一緒に笑っていただければ幸いです。

今1番欲しいものは?

先日、みんなで山登り。結構ハードでしたが、なんとかみんなで頂上に到着。

頂上付近で今欲しいものを叫ぼうということになりました。

長女「じてんしゃ~!!」

(自転車欲しかったのね。)

次男「任天堂すいっちい~!!!」

(ゲーム機が欲しかったのね。)

長男「・・・へんさち~w」

(・・・)

※それは、自分でお願いします。我が家の大人は、偏差値低めなので、自己責任で頑張ってください。

スカートへのこだわり

寒風吹きすさぶ中、スカートで外に出ようとする長女と玄関先にて

父「寒いって」×5回

長女「寒くないっ!」×5回

父「・・・じゃ、いってらっしゃい」

1分後

長女「寒かった(泣)」

父「・・・」

※だから、言ったやん!!と言いたいところですが、女子には寒さよりもおしゃれを重要だとのことなので、何も言いませんでした。次からはバランスを身に着けよう。

長男の受験姿勢

先日、長男の数学検定(コロナ対策のため、教室は開放)

試験官「よ~い、はじめ!」

みんな→ガサガサ問題用紙を開き解き始める

長男→腕組みをして表紙をみたまま30秒ほど動かず

(表紙に誤字がないか確認していたらしい。)

※おい、「何の試験の時間なんだ、何を君を動かすだ~」中島みゆきさんの宙船(そらふね)の歌詞の一部が思い出される日曜日。

次男、長女とサイクリング

後ろに乗っている長女から質問

長女「父ちゃ~ん、なんで私は生まれてきたの?」

父「えっ?いや、あの~」

(間髪入れず)

次男「人を笑顔にするために決まってるやろ!!」

※父刺さる。河川敷を涙をこらえて疾走。次男よ、なんじゃその決め台詞!

長男が父を越えた!

長男(中1)があっという間に、親の身長(173㎝)を越した。

長男「大きくなったぞ!」

本人めちゃくちゃ嬉しそう。

とにかくうれしそう!

飛び跳ねている!

ガッツポーズしている!

#なぜそんなに嬉しいのか(笑)身長だけでなく成長していってさっさと親をぶっちぎりで抜いてほしいと空を見上げながら思う。(肩に手を置く長男・・・おい!それはまだ早い!)

コメント