【親子で学ぼう】アニメの名言から学ぶ「お金」の話~鬼滅の刃③~

お金の勉強
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ご挨拶

どうも、かず~むです。

我が家は平凡なサラリーマン家庭で3人の子育て中です。我が家の子供はアニメが大好きです。

この記事を読めば→お子さんがお金に興味を持つ!かもしれない。

我が家では、アニメを使ってお金の教育で何かできないかなと思っていました。

今回も、続編が発表され待ち遠しい大ヒットアニメ名作「鬼滅の刃」の名ゼリフを、お金バージョンに変えてご紹介したいと思います。今回は、鬼のセリフでご紹介したいと思います。

第1回、第2回はこちらになります。

【親子で学ぼう】アニメの名言から学ぶ「お金」の話~鬼滅の刃①~
ご挨拶 どうも、かず~むです。 我が家は平凡なサラリーマン家庭で3人の子育て中です。我が家の子供はアニメが大好き...
【親子で学ぼう】アニメの名言から学ぶ「お金」の話~鬼滅の刃②~
ご挨拶 どうも、かず~むです。 我が家は平凡なサラリーマン家庭で3人の子育て中です。我が家の子供はアニメが大好き...

では、ご紹介します。

【投資】で勝ったと思ったの?かわいそうに【含み益】で妄想して幸せだった?

元のセリフ

「僕に勝ったと思ったの?かわいそうに哀れな妄想して幸せだった?」

鬼滅の刃で出てくる鬼は首を切ると倒せるのですが、主人公はこの鬼の首を切って倒したように見えましたが、実は、自分で切っていてすぐに復活して主人公に浴びせたセリフです。

お金の視点からいうと、「【投資】で勝ったと思ったの?かわいそうに【含み益】で妄想して幸せだった?」

投資をしていると含み益といって、買った時より値上がりし、もし売却すれば、利益がでる状態です。しかし、あくまで「もし売却すれば」です。まだ手にとっていない含み益は幻想と言われています。その含み益をあたかも利益が確定したかのように妄想してニヤニヤしていると危険ですよという意味を込めたセリフに変換してみました。

「さあ、貢ぎ続けよう。爆益が出るまで、【お金】、尽きるまで」

元のセリフ

「さあ、遊び続けよう。朝になるまで、命、尽きるまで」

毬を扱う鬼が主人公らを攻撃しながら放ったセリフです。

お金の視点でいうと、「さあ、【貢ぎ】続けよう。【爆益が出る】まで、【お金】、尽きるまで」

投資の世界には「ごみ商品」という詐欺的な商品が数多く存在します。また、怪しいセミナーや使えもしない高額のツールを販売している業者もいます。

そして「爆益が必ず出ます」というようなキャッチフレーズを広告に使っていることもあります。

しかし、リターン(利益)はリスク(未確定性)に概ね比例します。

一言で言えば、そんな美味しいありません。しかし、手っ取り早く利益を出したい人は我慢できず、そういった業者にまとまったお金を貢いでしまいます、そう爆益が出ると信じて・・・。しかし、その前にお金が尽きて撤退することになります。お金を守るためにもお金の知識は必要だという思いを込めたセリフに変換しました。

「誰が買っていいと言った?」

元のセリフ

「誰がしゃべって良いと言った?」

ボスキャラが自分の手下である鬼と話しているときに放った一言です。この後、言われた鬼は、ボスキャラに殺されてしまいます。

お金の視点からいうと「誰が買っていいと言った?」

魅力的な金融商品を見るとすぐに手を出してしまいがちです。

かくいう私もそれで過去に痛い目にあったことがありました。販売する方も買ってほしいので、魅力を前面に押し出してくるのは当然です。

そんな時にグッとこらえてその商品を分析して慎重な判断が求められます。

そんな場合には、一歩高い位置から自分を戒める視点が必要かなと思います。そういう意味も込めて自分に上目線で質問するこも必要だという意味を込めたセリフにしてみました。

まとめ

今回も、名作アニメ「鬼滅の刃」の鬼たちの名セリフをお金の視点で少し変えてご紹介しました。

我が家では結構食いつきや良かったので、みなさんのご家庭での金融教育に役立てていただけると嬉しいです。

また、今回の記事の感想などをいただけると嬉しいです。

今回は、以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

楽天:劇場版「鬼滅の刃」無限列車編【通常版】 [ 花江夏樹 ]

アマゾン:劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(通常版) [DVD]

コメント