【お得情報】魅力的な返礼品がどっさり!|ふるさと納税のおすすめ返礼品をご紹介

お金の勉強
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を読めば→ふるさと納税のおすすめの返礼品が分かる!

ふるさと納税の魅力と言えば、なんといっても返礼品ですよね。

実質2000円の負担で、ちょっと豪華な返礼品が届くというのは、本当に嬉しい制度ですね。

ふるさと納税のメリット・デメリットについてお知りになりたい方は、こちらからどうぞ。

今回は、ふるさと納税のおすすめ返礼品をご紹介します。

ふるさと納税の返礼品は、どの自治体も趣向を凝らしていて、どれも魅力的なのですが、その中でも我が家で頂いたものの中で特におすすめのもの(寄付金額が1万円前後のもの)をご紹介します。

興味があるものがありましたら、是非、タップ(クリック)して覗いてみてください。

鉄板焼ハンバーグデミソース 20個(福岡県飯塚市)

我が家の断トツおすすめは、こちらです。

おすすめポイントは、まず、子供たちが大好きなハンバーグであること、20個入りなので、忙しくて晩御飯まで手が回らないよ~という時の強い頼りになる助っ人になります。

そして何より・・・おいしいんです!

牛スープで煮込んだ特性のデミソースがかかっていて、食べ応えのあるハンバーグです。
また、個食パックになっていてあたためるだけで、もう洋食屋さんのハンバーグの出来上がりです!

本当におすすめです。我が家では、既に5回リピートしています。お申し込みは、こちらからどうぞ!

【ふるさと納税】【A-191】鉄板焼 ハンバーグ デミソース 20個 温めるだけ 牛 冷凍 小分け 大容量 ハンバーグ はんばーぐ 肉 洋食 簡単調理 デミグラスソース 肉 ボイル 特製 湯煎 人気 子供 手軽

オホーツク産ホタテ玉冷大1kg (北海道紋別市)

こちらも我が家の年末年始の定番です。

おすすめポイントは、なんといってもボリュームが凄い!!このふるさと納税の返礼品のおかげで人生初「ホタテだけでお腹いっぱいになる」経験をさせていただきました。

我が家では、お刺身の他、ホタテフライ・バター焼きにしましたが、どれも完璧!!
しかも大粒で1粒1粒が食べ応え抜群!それが、たっぷり1kg送られてきます!

こちらもおすすめです。我が家では、年末に近づくと必ず頼むようにしています。お申し込みは、こちらからどうぞ!

【ふるさと納税】12-13 オホーツク産ホタテ玉冷大(1kg) |ホタテ ほたて 帆立 貝柱 海鮮 海鮮食品 貝 冷凍 1kg 1000g 特大 大粒 大玉 大きい ふるさと納税 故郷 納税 北海道 紋別市 紋別 もんべつ オホーツク オホーツク海

佐賀牛 赤身・バラ切り落とし 800g (佐賀県嬉野市)

こちらは、毎年、夏に開催しているBBQやすき焼きパーティのお供の定番です。

おすすめポイントは、なんといっても味と量です。それまで佐賀牛が我が家の食卓に並んだことはありませんでしたが、この返礼品で佐賀牛のおいしさを発見しました。また、とても柔らかく、肉の甘みもあるので、子供たちもペロッと食べてしまえます!

特におすすめは、すき焼きです。噛めば噛むほど、肉のうまみや口の中に広がります・・・すみませんこの記事を書きながらヨダレが・・・。お申し込みはこちらからどうぞ。

【ふるさと納税】佐賀牛 赤身・バラ切り落とし 800g(400g×2) 桑原畜産 NAB013(国産 高級 お祝い)

まとめ

いかがでしょうか。

どれも魅力的で迷ってしまいますよね。また随時おすすめのふるさと納税の返礼品をご紹介していきたいと思います。

ふるさと納税に興味がある方は、こちらのブログに手順をまとめましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

たった5ステップでお得に返礼品ゲット!|ふるさと納税の手順を解説!
この記事を読めば→ふるさと納税ができる! 「ふるさと納税」は実質2000円の負担でお得な返礼品をいただけるお得な制度です。 ふるさと納税のメリット・デメリットについては、こちらをどうぞ! この記事では、具体的な...

おまけ

このたび、我が家では、電子書籍(kindle版)を出版しました!その書籍がこちらです!

Amazon.co.jp: 家族で遊んで学ぶ!起業とお金のしくみ! eBook : みんなの部屋: 本
Amazon.co.jp: 家族で遊んで学ぶ!起業とお金のしくみ! eBook : みんなの部屋: 本

勤労感謝の日に我が家で行った家庭内起業(ごっこ)の模様をまとめたシンプルなものになっていますので、参考にどうぞ♪

また、実は、ランキングに挑戦中です。今回の記事に共感していただけましたら、ポチっとお願いします。すっごく励みになります♪

にほんブログ村 教育ブログ 金融教育・金銭教育へ
にほんブログ村

今回は、以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント